大事なペットを守るためにしっかりしておきたい医療とペット保険

保険紹介サイト

もしもの時に備える

フェレット

保険はもしものときのために必ず備えておくことが大事である。
強制加入が国で求められているのは自賠責保険である。
これは交通事故を起こした時に利用することができるもので、重大な人身事故の時に一部慰謝料や治療費が保険でまかなえる仕組である。
命はお金に代えることは出来ないが、心身の負担を少しでも減らせるように、お金は重要になってくる。
貯蓄している人であっても、すぐに高額のお金を払うことのできる人は限られているため、こういった保険制度が便利に利用されているのである。
これは人間だけでなく、家族の一員でもあるペットにも適用するべきことである。
人間の医療費は、日本は国民皆保険制度が充実しているため、国や企業が一部保障してくれる。
しかし、ペットはそうはいかず、医療費は飼い主に全額支払う責任が生じる。

糖尿病や腎不全や骨折など、動物がかかることが予想される病気や怪我は人間と同じように多数ある。
その中には猫エイズなど、動物の種類特有の病気も多い。
骨折の場合、検査や手術を入院費用と合わせると10万円から50万円かかるともいわれている。
動物病院では医療費が高額になる傾向にあるので、クレジットカードで分割支払いするシステムも取り入れている。
その他にも、ペット保険などに加入することで医療費を民間の保険会社から一部負担してもらえる制度も充実している。
病気や怪我が起こってしまう前に、こういったペット保険について知っておくことで、愛するペットと経済状態を天秤にかけなくても済む。

自己負担が大きい

ペット保険を導入することで、ペットの医療にかかる負担を減らすことができる。犬猫は年齢別にかかりやすい病気があるが、治療費は全額自己負担となるので、来る病気に備えておくことが重要である。

詳細を読む

加入できる条件

保険には加入できる条件があるが、ペット保険にも同じような条件があることを把握しておくと良い。満12歳にもなると病気も多くなるが、その分加入も難しくなるので注意したい。

詳細を読む

選び方

動物病院では犬猫の診療のみ行っているところもあるように、ペット保険でも動物によって入る事ができる保険の種類は異なっている。また、支払限度額も、会社によって違う。

詳細を読む

↑ PAGE TOP

メニューアイコン